亀頭直下法だったら

包茎手術で気になる性病も治す

MENU
RSS

亀頭直下法だったら

今の治療技術でしたら、ただの真珠様陰茎小丘疹でしたら、ほんの15分ほどで除去可能なくらい楽な治療なのです。手術代だって1万円程度でOKなところも少なくありません。画期的なうつ病治療用の薬に含まれている成分に、射精をコントロールするチカラがあるという研究が発表され、早漏に効く薬として医療現場でも使われるようになりました。脳内に効果を与えて早漏治療を行うものです。包皮に締め付けられて鬱血状態が悪くなると、ペニス先端部の細胞が死滅することになるのです。

 

もし細胞が壊死したら、もう元の状態にはなりません。このため、重いカントン包茎というのは無理やり包皮をめくると危ないのです。手術による治療をしなくても、仮性包茎をよくしてくれるアイテムも豊富に販売されているので、そういったものを利用するのもいいでしょう。仮性包茎を何とかしたいのなら、治すことを検討しましょう。勃起状態じゃないときに、亀頭下のカリのところで性器の皮が止まる方であっても、自分で亀頭に皮をかぶせると、亀頭が少しでも包皮で隠れてしまう人も、仮性包茎なんです。

 

包皮を剥ける仮性包茎の男性でも、丁寧に包皮を剥いてキレイな環境をキープできていない場合は、真性包茎の状態の男性と変わらず、亀頭部分が恥垢でいっぱいで、不潔な環境になる人もいるようです。鬱血したままの状態が悪くなると、亀頭を形成している細胞が壊死することもあるのです。細胞が死滅した場合、どうやっても正常な状態には戻りません。ですから、深刻なカントン包茎の場合は力任せにむくのはダメなのです。

 

亀頭部分や裏スジの近くにできることが多い、白っぽいブツブツ状のものが多くの人を悩ませているフォアダイスで、たくさんの方に性病の類であると勘違いされることがあります。しかしウイルスは存在せず、性交によってうつることはないのです。もし仮性包茎だとしても、常に清潔にしていることで怖い感染症や性病から逃れられるのです。ペニスの見た目やセックスの面でメリットがあるのは確かですが、手術となれば欠点も無いとは言えません。

亀頭直下法だったら、傷口を縫い合わせた後の線が亀頭の真下にあるので手術完了後にみっともないツートンカラーになるなんてことは皆無です。ここ数年は新しい技術である亀頭直下法での手術が、包茎治療の主流なのは間違いありません。長すぎる皮を切除した場合にできる傷口を縫い合わせたラインをボーダーにして、これまで露出していた範囲と新しい包皮のカラーに違いがあります。

このことが多くの人にツートンカラーと言われている理由なのです。仮に包皮小帯温存法をやってもらいたいのであれば、技術が優れている医師を探し出すことと、技術に応じた高額な手術費用の準備をすることになります。しかし、検討してみるだけでもやってみてはいかがでしょうか。粒状のもの苔状のもの、塊状等の種類次第で、それぞれ解消方法に差があるので、治療が必要な尖圭コンジローマを疑う症状が出たら、専門のクリニックに相談に行くべきでしょう。仮性包茎の状態でも、日常的に包皮をめくった状態にしているというケースでは、内側の皮は鍛錬されているので、色の面では外側との差が分からなくなりますから、いわゆる「ツートンカラー」にはなることが少ないのです。