包皮に締め付けられて鬱血状態が深刻化すれば

包茎手術で気になる性病も治す

MENU
RSS

包皮に締め付けられて鬱血状態が深刻化すれば

重いカントン包茎の状態ですと、無理して皮をめくると、狭い包皮の入り口部分が亀頭の根元部分をきつく締めることになり亀頭に血液がとどまって、亀頭部分にむいた皮を元通りかぶせることができなくなるケースも報告されています。中学校や高校に通っているくらいから皮から亀頭が顔を出す男性だって多いので、たとえ今は仮性包茎の人でも、慌てて剥かずに、静観していても問題はないのです。

 

病気と違って保険は使えないので自腹での診療となるのですが、人の視線が気になるのであれば、レーザー、あるいは電気メスによって発生したフォアダイスを取り去ることは問題なく可能です。早漏に関しては、元凶がメンタルな時が大部分で、焦りとかストレス、プレッシャー、あるいは盛り上がりすぎた気分によって症状が出ることが一般的で、何度も同じ症状が発生して普通になってしまい治らなくなります。

 

実は君も仮性包茎の悩みがあるのでは?なぜなら、成人男性の60%くらいが、仮性包茎だとされています。わかりやすく言えば、男性が3人いればうち2人は仮性包茎の状態であるわけです。よく仮性包茎の状態のペニスにしばしば現れるフォアダイスの通常サイズは約1〜2mmで、ゴマ粒みたいなサイズなんですが、オチンチンが勃起した状態のときには、ちょっと気なることがあります。

 

包茎解消の手術を受けるときに、常に聞くことになるのがツートンカラーというキーワードです。治療にあたって環状切開法と呼ばれている手術が実施された場合に、かっこ悪いツートンカラーの状態になってしまう方が多いのです。ほとんどのケースで治療の後でツートンカラー状態になるのは、内板と外板を縫合したところに色素が沈着するからです。それらの色素沈着が原因となって、ツートンカラーの状態をぐっと派手にしているわけです。

 

陰茎の先の亀頭の先っぽには、おしっこが出てくる尿道口という穴があります。そして穴のすぐ下の部分と包皮をつなぐところに筋のようになっている部分があります。この小さな組織のことを包皮小帯というのです。深刻なカントン包茎のケースでは、強引に包皮をめくったときに、包皮先端の部分が竿部分をきつく締めることになり亀頭部分に血が停滞して、剥いた包皮を亀頭に元に戻すことが不可能になるケースも報告されています。

 

重症のカントン包茎である男性は、強引に包皮をめくったときに、狭い包皮の入り口部分が亀頭の根元部分を押さえつけて亀頭にうっ血することで、めくった皮を亀頭に元に戻すことが不可能になる場合があります。包皮に締め付けられて鬱血状態が深刻化すれば、締め付けられた亀頭内部の細胞が死滅することになるのです。万一細胞が壊死するようなことがあれば、もう再生はできません。

 

こういう理由があるので、カントン包茎の方は力任せにむくのはダメなのです。余った包皮を切った後にできる包皮の縫合した線をボーダーにして、古い皮と新しい皮のカラーに差があります。この現象が世間でツートンカラーと呼ばれている原因です。確かに早漏は短い時間で射精する状態のことです。しかし一番いけないのは射精するまでにかかる時間以上に、本人の意思で射精しないように我慢することができないところだと言えるでしょう。